top of page
  • 執筆者の写真OrgaNect

不織布ポットって良いの?~不織布ポットを利用するメリット4選~

近頃、お家時間の増加に伴って注目が集まっている家庭菜園


家庭菜園で野菜を栽培してみたいけど、プランターは何を選んだらいいの?

そんな疑問を抱えている人も少なくはないでしょう。


答えはずばり「不織布ポット」です。


この記事では、不織布ポットのメリットとデメリット、さらに家庭菜園におすすめの不織布ポットサイズをご紹介します。




不織布ポットのメリッㇳ4選



根が改善される


不織布ポットを使用する最大のメリットは根が健康になるという点です。


不織布ポットを使うと、根が比較的健康になります。

根が健康になることで、栄養や水分の吸収も良くなります。


では、なぜ不織布ポットを使用すると根が健康になるのでしょうか。


皆さんは、プラスチックのプランターを使用して、ポットの底で根がぐるぐる巻きになっているのを見たことはありませんか?


これは伸びた根がポットにぶつかりながらも無理やり伸び続けることによっておこる現象です。

根はまだ土の中を進んでいる感覚なのです。


それによって、根と根が互いに邪魔をし、水分や養分の吸収の妨げになったり、根腐れの原因になったりします。


しかし、これが不織布ポットを活用すると改善できます。


不織布ポットの材質は、名前の通り布。

そのため、プラスチックに比べ繊維の間には無数の隙間があり、そこから空気が入っています。


根は空気に触れると、そこで生長を止めるという特徴があります。

そのため、根がポットの内側にぶつかり、外の空気と触れた際には代わりに新しい別の根を作ろうとします。


新しい根は、太い根とは違い、互いに圧迫し合うことなく、繊維状のふわふわしたものです。


そのため、水分や養分の吸収率が良くなり、植物たちがより健康に育ちます!




水はけが良い


前述した通り、不織布ポットは「」でできているため、通気性、排水性に優れています。


厚さが厳しい昼の強い日差しでも、ポット内の熱を繊維の隙間から逃がすことができるため、加熱によるダメージを最小限に抑えることができます。


さらに、空気が常に送り込まれている状態にあるため、植物の生長に重要な根や微生物にとって、呼吸がしやすい状況を作ることができます。


さらに、排水性の面でも、水分が側面、底面のどちらからも排水でき、蒸発しやすいため、根腐れが起きづらいというメリットもあります。





軽くて持ち運びがしやすい


台風などの天候によっては、ベランダから場所を移動しなくてはならないこともあります。


その際に、不織布ポットは布製のためとにかく軽いです。

また、持ち手がついている不織布ポットがほとんどのため、持ち運びがしやすいです。


さらに、プラスチックのように、パキッ!と割れてしまうこともありません。


移動が多い家庭菜園にこそピッタリなポットです。



処分がしやすい

不織布ポットは、プラスチックのプランターと比較して、使用しなくなった際の処分が楽です。


繰り返し使用し、ボロボロになってしまった際には、燃えるごみとして気軽に処分できます。

(※地域によって異なる可能性があるため、処分に関しては地域の指定にしたがってください。)


さらに、素材によっては自然由来のものが使用されており、土に還るものもあります。

再生繊維を使用したものなどもあり、サステナブルの観点からもメリットがあるのではないでしょうか。




不織布ポットのデメリット



軽い


メリットの方で軽さを挙げましたが、軽さは栽培する品目によってはデメリットでもあります。


高さがある(支柱などが必要)植物の場合、上の重さや風に耐えられずに倒れてしまう恐れがあります。


栽培する品目によっては、壁際においてあげるなどの対策が必要かもしれません。




乾きやすい


通気性が良いですが、同時に乾きやすさもあります。

表面が乾いたら、ポットの底から水が滴る程度にたっぷりと水をかけてあげまし熱い夏を


プラスチックのプランターであっても、暑い真夏はほとんど毎日水やりが必要です。

水と愛情をたくさんかけてあげましょう。




おすすめの不織布ポットサイズ


OrgaNectの家庭菜園キットで使用されている不織布ポットのサイズは、3ガロン(約13リットル)です。(詳しくは記事の一番下をご覧ください)


サイズ感は、大体バケツぐらいの大きさになっているため、持ち運びもしやすいサイズとなっています。


家庭菜園だと、栽培する品目にもよりますが、2ガロン(9リットル)~4ガロン(18リットル)程度のものがおすすめです。


イメージですが参考程度に↓

・2ガロン(ハーブ類や1か月程度で収穫できる葉物)
・3~4ガロン(大きくなる葉物や、葉物以外の作物)



まとめ


不織布ポットのメリット

・根が改善される
・水はけがよく根腐れしずらい
・軽くて持ち運びがしやすい
・使用後処分がしやすい


不織布ポットのデメリット

・軽い
・乾きやすい

今回は、家庭菜園でおすすのめ不織布ポットについてご紹介しました。

ぜひ皆さんもこれを参考に、家庭菜園ライフを楽しんでみてください(#^^#)

 

グリー二ングキット


OrgaNectでは、ベランダで気軽に始められるオーガニック家庭菜園を販売しています。


初心者でも始めやすい、【腐葉土、藁、軽石、不織布ポット、種子】の5点セット。


栽培に必要なものが揃っているため、ご自宅に届いたその日から栽培がスターㇳできます。


さらに、土は沖縄の自然栽培農家さん監修の土を使用しています。

美味しい野菜は、良い土から!


ぜひベランダから家庭菜園始めてみませんか?


購入はこちらから↓


 


■参考



最新記事

すべて表示
bottom of page